上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.18
前回の続きです

この世で学ばなければいけないことは愛です。というお話し

私たちは、肉体を持ちあえて不便な状態で愛を学びます。

愛とはなんでしょう?

愛することと好きでいることはどうちがうのでしょうか?

好きでいることそれは条件が付きます。

イケメンだから好き!やさしいところが好き!

好きなところがある=嫌いなところがある

好きな条件がいくつも当てはまっていても、それが=愛にならないことがあります。

では、恋と愛の違いはなんでしょう?

「心が常に真ん中にあるのが愛!下心があるのは恋」なんて聞いたことがありますが、まぁ、あってるかも

恋は、独りよがりです。いい方がちょっと乱暴でしたが、恋は強く燃え上がり一気に冷める浮き沈みがあります。

対象は異性であることが多いです(恋愛対象ということで)どんなに好きでも子供に本気で恋心を思う人はいません

恋は相手を思うことよりも自分が相手を好きでいることに重きがあります。

では、愛はなんでしょう?

愛は、条件がありません。これこれこうだから愛してる。これがこうだから愛している。これは愛とは呼びません。

愛には浮き沈みがなく一貫して同じで、そしてなによりも心が温まる心の平安があります。

愛はすべてを受け入れること。あるがままを評価せず、そのままを受け入れること

好き嫌いではなくそのもの自体すべてにおいて受け入れることが愛だと私は考えています。

強い感情の高ぶりはその逆もあります。愛は心を高ぶらせることではなく心が癒されること。

ひとりひとりが愛で包まれることを祈っています


これは私の想いです。

いつも読んでくださり感謝します

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。